マンション 売却 見積もり

マンションを売却するときの見積もり方法

SUUMO 不動産 売る

SUUMO 不動産 売却

SUUMO 不動産 査定

SUUMO 不動産 相場

SUUMO 不動産 高く

SUUMO 不動産 会社

 

不動産を売りたい。
そう思っても何から手をつければ良いのかわかりませんよね。

 

地価を調べる?それとも面積?税金は?いろいろな疑問が押し寄せて、なかなか腰が重いのではないでしょうか?

 

そんなときはまず、その不動産の価値を調べてみませんか?
不動産の価値を知るには、不動産業者に査定を依頼する必要があります。

 

1社の査定では本当にその価値が正しいものなのか判断できないため、最低でも3社から査定してもらいましょう。
知り合いの不動産会社が3社以上ある方はいいのですが、ほとんどの方はそんなことありません。

 

そこで1度で複数の会社から査定できる「不動産無料一括査定サービス」を利用するのがオススメです。

 

なぜなら不動産会社であればどこでも査定してくれるわけではないのと、不動産業界には悪徳な業者も紛れているからです。
悪徳業者は一見すると親切なので、素人ではどこがそうなのか判断することができません。

 

不動産無料一括査定サービスで紹介される不動産会社は、一定の審査をクリアした不動産会社だけです。
しかも不動産のある地域に対応できる不動産会社を選んでくれます。

 

ご希望に沿った不動産会社探しに不動産無料一括査定を活用してみませんか?

 

SUUMO 不動産 会社

 

 

不動産売却の手順

 

SUUMO 不動産 会社

 

不動産の本当の価値を知って売却を決める人も多いです。
売却の意思が固まったらまず、仲介を依頼する不動産会社を決めましょう。

 

一番高い金額を査定してくれた会社でもいいですし、担当者の雰囲気が一番良かった会社でも構いません。
不動産会社と媒介契約を結んだのち、チラシやネットで集客を開始します。

 

しばらくするとネットやチラシを見たという方から問い合わせが入りますので、不動産の見学が出来る準備をしておきましょう。
少しでも高く買って貰えるように綺麗に掃除をしたり、ホームステージングをしておくなど工夫しましょう。

 

ホームステージングとは家やマンションの部屋の中を家具や照明、小物やグリーンなどでモデルルームのように飾ることです。実際に住んでみるイメージが沸くのでお客さんの購買意欲がアップするそうです。

 

見学に来た人の中から「ぜひ購入したい」という方が現れたら、いよいよ売買契約です。
そして無事に売買が成立したら、不動産会社に仲介手数料を支払います。

 

仲介手数料は、売買契約の時と引き渡しの後の2回に分けられることが多いそうです。
これが不動産売買の大まかな手順です。

 

 

不動産会社と結ぶ媒介契約の種類

 

SUUMO 不動産 会社

 

不動産売買で、不動産会社と契約を結ぶ時に知っておかなくてはいけないことがあります。

 

それは、不動産会社との媒介契約には3つあるということです。
この3つ中から1つだけ選んで、媒介契約を結ばなくてはいけません。

 

媒介契約には、1)一般媒介契約・2)専任媒介契約・3)専属専任媒介契約があります。

 

よくわからないのでどれでもいいような気がしますが、活動内容が全然違ってきますので注意しましょう。
媒介契約の詳細は以下に記します。

 

 

不動産の媒介契約の詳細

 

SUUMO 不動産 会社

 

不動産会社との媒介契約には、1)一般媒介契約・2)専任媒介契約・3)専属専任媒介契約の3つがあります。
契約前に説明されると思いますが、先にそれぞれの内容を大まかに知っておくと便利です。

 

1)一般媒介契約:
一般媒介契約なら、不動産を購入したいお客さんを複数の不動産会社が探すことができます。自分でお客さんを探しても構いません。
受付の窓口が多い分問い合わせも多く、高く買い取ってくれるお客さんが見つかる可能性が上がります。
ただ窓口が多い分、「自分が頑張らなくても他の不動産会社が頑張って探すだろう」と、担当者の積極性が欠けるというデメリットがあります。

 

2)専任媒介契約
専任媒介契約を結ぶと、他の宅建業者は集客ができないという媒介契約です。ただし、自分でお客さんを探すことは可能です。
他社の力が及ばない分、不動産会社はチラシなどの宣伝に注力することができます。

 

3)専属専任媒介契約
専属専任媒介契約を結ぶと、他の宅建業者は集客ができないという媒介契約です。なおかつ自分でお客さんを探すことも出来ません。
完全に契約した会社に不動産の売買をお願いするような形です。

 

チラシを作るには費用も労力もかかりますが、他社の力が及ばないため宣伝に注力することができます。
不動産会社の担当者の士気も上がり、一番力を発揮しやすい契約の形です。

 

これらの媒介契約についてはもっと細かい決め事がありますが、だいたいのことを把握しておくと便利です。
どの媒介契約を結ぶかで、不動産会社の仕事ぶりも変わるので、よく考えて決めてくださいね。

 

 

持ち家 売却 査定 八王子 土地 売る 相場 横浜 マンション 売り方 大田区 家を売る 尼崎 不動産 売却 相場